越冬柳沢林檎 2019/ 果実飲料 / 曽我農園 / 長野県中川村 / SO2 無添加
new
5cb94350d211bf0631102812

越冬柳沢林檎 2019/ 果実飲料 / 曽我農園 / 長野県中川村 / SO2 無添加

残り3点

¥1,324 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

種類:果実飲料 生産者:曽我暢有 生産地:長野県中川村柳沢地区(標高720m) 品種:サンフジ 100% 内容量:720ml おすすめ自然派ジュース!! 以下、生産者からのコメント あの山梨の小山田ワイナリーの小山田氏を師と仰ぐ曽我氏。 現在長野県南信地区中川村にワイナリーを立てようとブドウ畑を広げながら、深刻な高齢化の為長年護ってきたりんご農園を手放さなければならなくなった近所のおじいさんからりんご農園を託され、引き継ぐ事となりました。 おじいさんの栽培方法もできるだけ引き継ごうという思いから、有機栽培ではないものの、化学肥料や除草剤は使用せず、酸化防止剤も使わずりんごだけを丁寧に絞り、もぎたてのりんごをそのまま頬張ったようなみずみずしい甘さとすっきりとした酸味、ほのかな渋みの食事とともに楽しめるジュースに仕上げました。 2019年のフジリンゴは春の遅霜、梅雨の長雨、秋の台風と天災に翻弄され、収穫量は平年の半分ほどとなり、自然に対する 人間の無力さを思い知る年となりました。手をかけた作物がたった一日の天候により打撃を被るのは辛いものがありますが、残されたリンゴは私たちの想像を超えてしっかりと熟してくれ、救われる思いも同時に感じております。 10月の台風はたしかに甚大な被害をもたらしましたが、9月、11月は好天が続き、収穫時のリンゴには、ほぼすべてしっか りと蜜が入り、柳沢のリンゴらしい華やかな香りと、滋味深いコクを感じていただけるかと思います。昨年と同様、小玉リンゴを多く使用したことで果皮由来の柔らかい渋みと程良い酸も感じられ、気が付けば一本飲み終わっていた、そんなジュースになっていれば嬉しいです。。 ラベルの絵は、同じ中川村に住む、画家でありりんご農家である友人、北島遊の油絵を使用。タイトルは「生きる」です。ともすれば山に飲み込まれてしまいそうになる中山間地域で、昔から脈々と土地を耕し、護ってきた仙人への敬意を表すものです。 賞味期限 : 2021年5月 葡萄ジュースはこちら https://hokusetsuwines.stores.jp/items/5dbbfeeaff78bd736a298148 ★北海道の場合は、通常の決済とは別に、 別途1ケース(〜12本)あたり送料1,600円(税抜)と代引き手数料300円(税抜)をご負担いただきますのでご了承の上ご購入ください。別途送料は到着時に、宅配業者にお支払いください。 ※沖縄・離島不可