カニャダ・パリス2018 /白 /バルドーバー / スペイン・バレンシア州 / SO2 53mg/l
5f339ee87df2810b75f6d501 5f339ee87df2810b75f6d501

カニャダ・パリス2018 /白 /バルドーバー / スペイン・バレンシア州 / SO2 53mg/l

¥3,080 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

種類:白 生産者:バルドーバー 生産地:スペイン バレンシア州 品種:メルセグラ100% 内容量:750ml アルコール度数:11,5 % おすすめ自然派ワイン! スベイン東部、バレンシア州の内部の山脈地域にあるバルドーバー村には、1950 年代、土着品種であるメルセゲラを主要品種として、いくつかの協同組合がワイン 作りを行っていました。約 30 年前、協同組合がワインの販売に問題を抱え、大企業が参入、葡萄の木ではなく、アーモンドや他の作物が植えられ、それは大きな 被害となり、長い間電気や水道も通らない時間が過ぎます。  2016 年に、この土地を訪れたジョルディ・アウノーとニト・アレグレは、幾つかまだ生きている畑を発見し、 この土地の土壌、標高、気候、土着葡萄など、この環境でのワイン作りの可能性を夢に持ち、高山地での葡萄畑の回復とこの地域でのコミュニティの再建を目的と して動き出します。  彼らは、月のサイクルに従い、農薬や化学合成肥料を使用せず、硫黄の粉末とスギナの調剤を使用し、株の修復を常に手作業で行います。また土壌の圧縮を最 小限にするために、トラクターを使用しません。畑の微生物と昆虫のバランスのとれた多様性をもたらす為、できる限り土地を耕作せず、旧暦に従ってすべてのブド ウ園の作業を実施しています。ワイナリーでは、畑と同様に、最小限の人的介入が前提です。酵母、清澄剤、酵素、栄養素、化学物質は使用せず、酸化と汚染を 防ぐために少量の硫黄のみを使用し、天然酵母にて発酵しています。 土壌:石灰岩、砂質ローム 標高:1000m 樹齢:20-60 年 9 月下旬に手摘みで収穫。ベストの葡萄を 2 回選択し、除梗。機械で優しく圧縮、デブルバージュは、24-48時間にて温度は約8℃まで下がります。天然酵母により温度を 21℃以下にて発酵、毎日、軽めのバトナージュを実施。その後、アンフォラ 30%、500ℓのフレンチオーク30%、残りはステンレスタンクに分け、澱と共に4か月、余分な澱を取り除いた後、5 か月、計9 か月熟成。無清澄、ブレンドし粗めのフィルターで軽めの濾過を行い、ボトリング。熟成中、4月頃温度が急激に上がるタイミングとボトリング時、少量の硫黄のみ使用。ワイナリーの前に、過去動物の生活道路として利用された “Cañada París”という名称の未舗装の道があり、その周りにこのワインに使用された畑が広がっている為、ワイン名をカニャダ・パリスと名付けられました。 ミネラル、白い花、ハーブ、やや柑橘で穏やかな香り。色合いは、淡い小麦色。リリース時は、酸、ミネラルがハッキリとしたワイン。リリース時より柔らかな印象。柑橘類のニュアンスに柔らかさと旨味がしっかり。確実に和食(天ぷら、鮨など)に寄り添う 1 本。還元はほぼ感じられなく、柔らかくエレガントな白ワイン。 より詳しくはこちらから↓ https://hokusetsuwines.com/?p=6698 バルドーバーのオレンジワインはこちらから↓ https://hokusetsuwines.stores.jp/items/5f33a1a4791d027d7610b837 ワインにおける酸化防止剤について https://hokusetsuwines.com/?p=2962 ★北海道の場合は、通常の決済とは別に、 別途1ケース(〜12本)あたり送料1,600円(税抜)と代引き手数料400円(税抜)をご負担いただきますのでご了承の上ご購入ください。別途送料は到着時に、宅配業者にお支払いください。 ※沖縄・離島不可