{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ピノ・ノワール 2022 / 赤 / ピットナウアー /オーストリア・ブルゲンラント/ SO2 30mg/l

残り1点

3,850円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

★北海道と沖縄への注文及び配送は、誠に申し訳ございませんが、不可とさせていただいております。 詳しくは、下記のFAQ 5でご確認ください。 https://hokusetsuwines.stores.jp/faq 種類:赤 生産者:ピットナウアー   生産国: オーストリア ブルゲンラント 品種: ピノ・ノワール 100% 内容量:750ml アルコール度数:12 % おすすめ自然派ワイン! ワインの中に、シンプルさと正直な感情がある、ゲアハルト・ピットナウアーのスピリット。ピットナウアーは、自分が愛飲していたフランスかどこかのワインの中に、一貫性や共通のテーマがあることに気づくまでは、栽培理論なしでワイン造りを行っていました。年月は経ち、ビオディナミのことを知ったピットナウアーは、妻のブリジットとともに、2006 年よりビオディナミに転換。15ha(半分は自分のもとで半分は借りた土地)を生きたワインを造るために、独自のオーガニック精神で手入れし始めました。堆肥を与えるところから収穫までのすべての作業はマニュアル通りに行われ、カレンダーはなく、彼をあせらせるものは何もない。葡萄の完璧な成熟がもたらす味わいを大切にし、きれいな葡萄を選んで、ヴィンテージのコンディションに応えたワイン造りをセラーで行っています。彼の造るワインは、ピュアでフレッシュな果実味が特徴。ピットナウアーは、それぞれのブドウ品種がもつ、わくわくするような、ユニークな声やテロワールがはっきりと聴こえてきそうなワインを造っています。ワインの中に、シンプルさと正直な感情がある、ゲアハト・ピットナウアーのスピリット、それは、彼の寛容さと謙虚さからきています。彼の造るワインは、土着品種のブドウを使い、テクニックにこだわりすぎず、新樽を使わない、ピットナウアーらしい‘down to earth’スイルなのです。ワイナリーでは、自分達の葡萄造りのために必要な原料を選択するところから始まります。できる限り効果的に、自然からの資源を使うことに努め、昔ながらの動物相や植物相の栽培方法を取り入れています。畑に生物多様性をもたらすことは、生産者にとって最も重要な事です。人間がコンポストやグリーンシードを使ったプロセスを構築することは、浸食を減らし、土壌の生命力を促進し、葡萄に抵抗力をもたせます。更に、葡萄は植生と生殖・成長との間により良いバランスを達成することで、最終的に葡萄畑の寿命を大幅に伸ばすことになると考えているのです。葡萄は、生理学的に十分成熟している必要があり、健康的でボトリティス菌の付いていない状態である必要があります。一つずつ手摘みで収穫し、注意深く木箱に詰められ、畑での選別とセラー内での仕分けテーブル上で、圧搾前に葡萄品種のダブルチェックをします。葡萄はできる限り機械によるストレスが少ない状態で処理されます。ピットナウアーのワインは全てビオディナミ農法にて造られています。使っているのは、硫黄と銅、スプレーするのは、500 番(牛糞のプレパレーション)と 501 番(水晶のプレパレーション)だけ。水晶はシリカを含み、ブドウ自体や葉など地上に出ているところに作用し、太陽のエネルギーとの結びつきを強めます。これらを 4 輪バイクとトラクターでスプレーするのですが、これは重量が少ないため土壌に対する影響が少ないためです。醸造過程では、発酵はベーシックなクラスまで自然酵母を使用し、酸化防止剤は必要分のみもしくは無添加。 土壌:砂利、石灰岩 9 月上旬に手摘みで収穫、50%が全房、50%が除梗され、パンチダウンを一切行わずにオープンパットで自然発酵。軽くプレスした後、使用済みの 225 リットルのバリックと 500 リットルの樽にラッキングされ、マロラクティック発酵。11 ヶ月後熟成したのち瓶詰め。無清澄、無濾 過、瓶詰時、ごく少量の硫黄の使用。 彼らの故郷であるゴルス村の村名クラスワイン。ゴルスの町の北、パームドーファー・プラッテン(プ ラトー:丘の上部の台地)に広がる複数畑からのブドウを主に使用。上部台地は下部斜面やハイデボーデン(低地)の畑より涼しいため、特 にデリケートなブルゴーニュ品種に向き。 透明感のあるルビー色。スグリや赤いベリー、スミレの香り。フレッシュなベリーと心地良い酸。果実味はジューシーで柔らかさとじんわり旨みを感じられ、エレガントなブルゴーニュスタイルではなく、ライトからミディアムなボディに優しさと少しのスパイスがアクセント。気分がほっこりするピットナウアーらしいピノ・ノワール。 ワインにおける酸化防止剤について https://hokusetsuwines.com/?p=2962 ★北海道と沖縄への注文及び配送は、誠に申し訳ございませんが、不可とさせていただいております。 詳しくは、下記のFAQ 5でご確認ください。 https://hokusetsuwines.stores.jp/faq

セール中のアイテム