サンクト・サンクト・サンクトラウレント 2020/ 赤 /シェードル / オーストリア・ニーダエスタライヒ / SO215mg/l
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

サンクト・サンクト・サンクトラウレント 2020/ 赤 /シェードル / オーストリア・ニーダエスタライヒ / SO215mg/l

残り2点

¥3,520 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

種類:赤 生産者:シェードル 産地:オーストリア ニーダエスタライヒ 品種:サンクトラウレント100%(樹齢25年) 内容量:750ml アルコール度数:12 % おすすめ自然派ワイン! オーストリア東部、ニーダエスタライヒ州、ヴァインフィアテルにて若き3兄弟マティアス、ビクトリア、レオンハルトが営むワイナリー。代々ワイン造りをしていたわけではないが、祖父母が保有していた畑ではブドウを栽培しており、それを彼らの両親が受け継ぎ、趣味の一環として管理していた。また、父親は元々オーストリア最古のワイン醸造学校の教師をしていたため、近所のワイナリーからの相談を受ける機会も多かった。このような環境下で育った彼らはいつしかワインの道へ進む決断をし、醸造学校を卒業後、南アフリカ、カリフォルニア、ニューヨーク、ニュージーランドでの研修を経て帰国。2019年にオーガニック認証取得、現在はビオディナミ農法を取り入れ、環境に配慮したワイン造りを日々模索中。ぶどう畑には羊を放牧させ、ハーブや草、カモミールなども一緒に生えており、蝶やてんとう虫、ミミズが暮らしやすい環境を整えている。これにより、土壌が活性化され、病害に強いブドウを作ることができるそうだ。“In Natura”シリーズはノンフィルター、亜硫酸は無添加、もしくは瓶詰時のみ少量添加で、オーガニック認証取得と同じく2019年より開始。畑はロイデスタール、ブルーメンタール、シュタインベルクに位置し、20ha 保有のうち、ワイン用畑は 13ha。年間生産量 50,000-60,000 本。(“InNatura”シリーズは 15000 本)レス(黄土)、ローム土壌。80%除梗、10日間大樽発酵、マセ14日後プレス、300Lの小古樽にて10ヶ月熟成、SO2瓶詰め時15mg/L添加   サンクトラウレントはピノノワールの交配品種。ピノっぽいカシスやクランベリー様の果実味がきれいで、食事に寄り添う酸味があり、なめらかで上品な果実の余韻がとてもチャーミングです。 ワインにおける酸化防止剤について https://hokusetsuwines.com/?p=2962 ★北海道の場合は、通常の決済とは別に、 別途1ケース(〜12本)あたり送料1,600円(税抜)と代引き手数料400円(税抜)をご負担いただきますのでご了承の上ご購入ください。別途送料は到着時に、宅配業者にお支払いください。 ※沖縄・離島不可