{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

カール・ラ・ナチュール・エ・フォルト 2021 / 白(オレンジ) /オリヴィエ・カルル / フランス・アルザス / SO2 無添加

4,290円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

★北海道と沖縄への注文及び配送は、誠に申し訳ございませんが、不可とさせていただいております。 詳しくは、下記のFAQ 5でご確認ください。 https://hokusetsuwines.stores.jp/faq 種類:白(オレンジ) 生産者:オリヴィエ・カルル 生産国: フランス・アルザス 品種: シルヴァネール80%、ミュスカ10%、ピノ・グリ10% 内容量:750ml アルコール度数:12.5 % おすすめ自然派ワイン! アルザスの中心都市であるストラスブールとコルマールを結ぶワイン街道の中程に位置する村、「ダンバッハ・ラ・ヴィル」にあるドメーヌ。 ダンバッハは、ローマ時代よりぶどう栽培が行われている伝統ある村で、一番の特徴は花崗岩の土壌にある。この花崗岩が、ワインに華やかさをもたらす。 また、とても乾燥した気候で、アルザスの特徴でもあるボトリティスが殆ど付かないことから、ぶどうの成熟期にじっくりと健全にぶどうが完熟する。辛口ワインの生産には非常に向いたテロワールであると云えるだろう。 現在ワイン造りを行うオリヴィエは7代目で、20世紀初頭、祖父母の代では羊飼いをしたり、家畜を飼ったり、野菜の栽培をしたりしながら、ぶどう栽培を行いワインを造っていた。元々は造ったワインを樽に詰めて売っていたが、1923年、当時としてはとても珍しかった、瓶詰めで販売することを始めたところ、地域のレストランでとても好評となった。 1960年代には、父アンドレが品質の高いワインを瓶詰めし、ドメーヌに人を招き試飲会を開催したところ、多くの人が集まるようになった。 オリヴィエは2000年からドメーヌの仕事に携わり、2004年19歳の時にワイン造りを父アンドレから継承。そして完全に有機栽培に移行し、2015年ヴィンテージからラベル上にも「AB認証」と「エコセール認証」を表示し始めた。 またオリヴィエはヴァン・ナチュールの取り組みも始め、2015年ヴィンテージで初めて酸化防止剤を一切使用しないキュヴェを造り出した。その働きが評価され、2016年からはビネール率いるピルーエットのワインも醸造。 オリヴィエは一部の例外を除いて、現在亜硫酸(SO2)を添加しないワイン造りを貫いている。それにもかかわらずオリヴィエのワインがこれ程までにエレガントで安定している理由は、時間を掛け、ワインが美味しくなるまでじっくりと待つ、ここに尽きるだろう。 ’21は雨が多く、熟すのに時間が掛かった年。収穫量も少なかったが、素晴らしい酸がもたらされた。南・南東・西向き斜面、砂質花崗岩・シルト状粘土(中粒)に植わる樹齢25-55年のぶどう。 シルヴァネールとミュスカは全房を即圧搾、ピノ・グリは全房を2週間醸し。野生酵母の働きで自然に発酵させ、’22年4月に100年使用しているフードル(大樽)に移して6か月間熟成。SO2は一切添加せず瓶詰め。 アプリコットオレンジの濁りある色調。アプリコットや黄桃、キンカンやミカンの缶詰の香り豊か。口に含むと豊かな果実風味が広がり、丸みある酸が心地よく、余韻も永い。キュヴェ名は前キュヴェ同様、"la Nature est Forte"(自然は強い)の文頭に、苗字Carlをくっけ、"Car la Nature est Forte"(だから自然は強い)とした言葉遊び。 ワインにおける酸化防止剤について https://hokusetsuwines.com/?p=2962 ★北海道と沖縄への注文及び配送は、誠に申し訳ございませんが、不可とさせていただいております。 詳しくは、下記のFAQ 5でご確認ください。 https://hokusetsuwines.stores.jp/faq

セール中のアイテム